ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーとは、ボトルをセットすることによって冷水や温水をすぐに飲むことのできる冷水温水機器にになります。
もともとは業務用として販売されてきましたが、近年では家庭用としても人気が高まっています。
家庭用として人気になっている理由としては、ウォーターサーバーには様々なメリットがあるからです。

具体的なウォーターサーバーのメリットとしては、自宅で美味しい安全な水が飲めることが挙げられます。



水道水は品質が整っていますが、残留塩素などを含んでいる可能性があります。ウォーターサーバーの水の水は天然水や純水に近いRO水から選ぶことができます。



また、重たい水を買わなくてもボトルを宅配してくれるのもメリットです。

ボトルはサーバーにセットするため冷蔵庫の場所を占拠するということも無くなります。

ある程度の水を備蓄できるのも人気の理由のひとつといえます。

メリットの多いものですが、デメリットも当然あります。

まず、サーバーを置くためのスペースが必要です。

大きなものではありませんが、設置場所によっては使い勝手が悪くなってしまうため注意が必要となります。

選ぶ場合にはランニングコストも考える必要があります。

水代だけではなく、サーバーの電気代などもコストとしてかかります。

安全に水を飲むためには衛生管理も必要で、メンテナンスや雑菌が繁殖しないように日常的に手入れをすることが清潔に使うためには重要です。

メリットだけではなく、デメリットも考えてから設置することが大切です。