バナー

自毛植毛がAGAに効果的な理由

男性の薄毛は、額が高くなるタイプやつむじ周辺部分が広がっているタイプなどが代表的です。


ちなみに、前者は生え際がアルファベットのMの様な形になるのでM字型、後者はアルファベットのOの様に見えるということからO字型と表現されています。

ただし、これらは別々の原因で進行しているわけではなく、共にAGAと呼ばれる症状です。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質が根本的な原因です。



この物質の生産に関与しているⅡ型の5α還元酵素は、額から頭頂部にかけての毛根に分布しています。
このために、後頭部や側頭部の頭髪は健康な状態をキープしたままで残っているケースは少なくはありません。

このために、AGAはかなり進行した状態からでも自毛植毛により元の状態に回復させることが可能です。
自毛植毛は、自分自身の毛根組織を脱毛部に移植するという薄毛治療で、世界中で1年間に20万件以上実施されています。
健康な状態の毛根組織が、移植できるだけ残っているということだけが条件であり、薄毛になった原因や性別は不問です。



AGAが特に自毛植毛に向いている理由は、後頭部の毛根組織はDHTの影響を受けていない可能性が高いからです。

このために、移植したことにより、高確率で定着すると共に、再び健康的な頭髪が成長することになります。
なお、AGAであっても側頭部や後頭部の頭髪まで無くしてしまった様なケースでは自毛植毛を行うことは出来ません。