バナー

新しい技術である自毛植毛を安全に受けるには

植毛といえば、かつては合成繊維を植え付けるのが主流でした。


異物を頭皮内に埋めるため、肌トラブルなどもありましたが、病気などで頭髪をなくしてしまった人に対してやる価値のある医療でした。



今でも合成繊維による植毛は行われていますが、最近は自毛を植える方法が多くなってきています。

まだまだ日本では新しい技術であり、実績もスキルも豊富なクリニック、医師は多くはありませんが、人工毛を植えるよりも安全な方法です。



アメリカなどでは既に多くの症例がありますが、日本ではそれほど多くのクリニックで受けられるわけではありません。

医師の技術力にも差があるのが実態ですので、クリニック選びは慎重にしたいところです。
実績が少ない中で、なかなか良いクリニック選びは難しいところですが、いくつかポイントを抑えておくと良いでしょう。



まずはスピードです。


自毛を植毛する場合、移植した髪が生着するかどうかが成否を左右します。

そして、生着するかどうかは、切り取った髪をいかに早く植え付けることができるかで変わります。スピーディであるほど、生着率が良くなります。

しかし、スピードを重視するあまり、出来栄えが悪くなってはいけません。


これまでの実績から、縫合のあとが目立ちにくいか、髪全体の仕上がりが自然になっているか、などを見るようにしましょう。
また、事前のカウンセリングに充分な時間をかけているかどうかも、良心的なクリニックかどうかを見分けるポイントになります。