バナー

植毛とはどのような医療行為なのか

男性にとって薄毛は非常に悩みの種であり、自分だけの努力ではなかなか改善しない場合も多いです。

そのような場合は薄毛治療専門のサロンやクリニックに行って治療を行うことが多いのですが、その中で行われることが多い治療のひとつが植毛です。



植毛とは名前の通り、薄毛が進行して頭髪がなくなってしまっているところに自分の髪の毛もしくは人工の髪の毛を移植するという方法であり、これを行うことによって移植された髪の毛が自然と定着し、薄毛を改善することができるようになるという仕組みになっています。

人工の髪の毛の場合は植え込んだ場合はそのまま定着して維持することができるようになっており、自分の髪の毛の場合は毛髪サイクルさえ定着してしまえばあとは自然の状態を維持することができるというメリットがあります。



一般的に行われることが多い植毛は自分の髪の毛を移植する方法である自毛植毛であり、こちらの方が人工の髪の毛と比較すると体の拒否反応や副作用などもなく安全に利用することができますし、不自然な感じもなく利用することができるとして人気を集めています。

また、移植する自分の髪の毛は薄毛になりにくい後頭部や側頭部から数本抜き取るだけとなっているのでダメージが少なく、症状を進行させることなく利用することができるようになっています。



このようなポイントから気軽に利用することができるようになっており、施行しているサロンやクリニックも増えているので治療として検討しやすくなっているというところが魅力です。