ウォーターサーバーのボトルの種類とメリット

ウォーターサーバー本体に取り付けるボトルには、2つの種類があります。
一つはリターナブルボトル方式で、もう一つはワンウェイボトル方式です。

リターナブルボトル方式はボトルを使い切ったら空のボトルと新たなボトルを交換します。
業者によって回収されたボトルは洗浄され、再び使用されます。



ゴミを出すこともないので、環境に配慮されたエコなタイプと言えます。

一方でワンウェイボトル方式は使い切るタイプのボトルで、空になったら廃棄します。

このタイプの利点は空のボトルを業者が回収にくるまで保管しておく必要がないことです。
ボトルはそこそこサイズがあるので、保管しておく場合に場所を取ります。そういった意味では家のスペースを有効活用でき、利便性が高いタイプです。

ただリターナブルボトル方式と比較すると若干高めです。

ウォーターサーバーに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

とは言ってもウォーターサーバーのボトルは非常に多くの天然水が詰められており、通常のペットボトルと比べても差は歴然です。

通常のペットボトルだと自分でお店に出向いて購入し、それを自宅まで運ばなければいけません。

最近のウォーターサーバーの情報サイトです。

ウォーターサーバーを導入すればそのような手間は省けます。

なぜなら業者が自宅まで届けてくれるからです。


毎回ペットボトルを買っていて不便を感じている人や、もっと美味しい水が手軽に飲みたい人、また災害が発生した時に備えて水を貯蓄しておきたい人には、ウォーターサーバーを強くおすすめします。
明日からの生活が一変するかもしれません。